iPhone用の地図アプリです。とっても便利だったのでご紹介。普通の地図上に高低差を同時に表示してくれます。もともとパソコン用のソフトでしたが、iPhoneアプリもリリースされました。Android版はまだ無いようです。

http://www.kashmir3d.com/online/superdemapp/

「カシミール3Dで使える「スーパー地形データ」がそのままスマホで使えます。(3D表示機能は現時点でありません)

そのほかにも、地理院地図やGoogleMapが使用可能。本格的なGPS機能を搭載し、カシミール3DとのGPSデータのやり取りが可能です。

オフライン(圏外使用)に対応! 電波が届かない場所でも地形を感じる地図で、登山やフィールドワークができます。もう地図から地形を”読む”必要はありません。地形の方からやってきます。 」

少し挑戦的な説明ですが、確かにものすごく便利でした!

  とりあえず上野周辺を表示してみます。このように色で地形を表しているのですが、そこに普通の地図を重ね合わせる事ができます。すると..

 とってもわかりやすい!   愛宕神社の出世階段も一目瞭然。高度差は20メートルもあったんですね。

  こちらは神田明神。正面の道路がなだらかな坂なので気がつきにくいですが河岸段丘の様子をくっきりと見る事ができます。やっぱり神社はしっかりした地形に立っています。

  ルートを指定して高度差をグラフにすることもできます。これがメインの機能でしょう。これは富士山の富士宮ルートです。五合目まではなだらかで、車で登れる理由がわかります。

 海抜0メートル地帯の我等が江戸川区では無用の長物?そんなことはないですよ!一番高い場所は…

葛西臨海公園のメインストリートあたりですね。ここがトップ・オブ・ザ・江戸川区。高度はなんと14メートル。周辺がほとんど0メートル地帯ということを考えると執念の盛り土というべき…。

…まあ、それはともかく、寺社仏閣やパワースポットの理解を深める為には地形の理解も大切なので、こうした物があるととても便利です。


Tomohiko Sugimoto「スーパー地形 – 地形を感じる地図アプリ」https://appsto.re/jp/MnSibb.i

基本的な地図機能は無料で使えます。地形データなどの上位機能は3日間の試用期間があり、その後のアンロック価格は960円となっています。GPSロガーもあり、過去の衛星写真も見られるので、かなりお得なアプリケーションだと思います。

 

追記
その後のアップデートで3D表示可能になりました!
記事はこちら。http://yu-makoto.com/archives/1150