バーバラ・ブレナンの新著「Core Light Healing」


Core Light Healing: My Personal Journey and Advanced Healing Concepts for Creating the Life You Long to Live
(Amazonアフィリエイトリンクです)

バーバラ・ブレナンはアメリカの優れたヒーラーであり、近代ヒーリングの確立に貢献の大きい人物です。前著の「光の手」、「癒しの光」はヒーリングの世界に入る人ならほぼ読んでいる、ヒーリング界の教科書ともいえる名著です。そのブレナンの新著が7月18日に出版されましたので、早速読んでいます。

…と言っても英語版なので冒頭部分しか読めていないのですが。それでもなんとか大意を辿っていくと、内容的には久しぶりの著作という事もあるのか踏み込んだものがあります。ということでほとんど読めていないながらも雑な感想を…

・「コアスターの内側の世界」の記述は興味深かったです。
・前著でも言及の多かった「パスワーク」に代表される心理療法的なアプローチを、更にエネルギーヒーリング寄りに統合している?
・アストラル界のヒーリングが詳しく書かれている。
・過去生ヒーリング、タイムカプセルヒーリング、先祖由来のルーツのヒーリング?面白そう。

全体的に上級者向けの印象がありますが、一章を基礎的な説明にあてており、図版も多いのでこれから読み始めても途方に暮れるという事はなさそうです(英語がスラスラ読めればですが)。

私はkindle版を買いました。キンドルの良い所は単語をクリックすれば日本語の意味が出てくる所。それでも時々専門用語が出てこない。やっぱり難しいので、しばらくはかかりきりになりそうです。日本語版は年単位で先になりそうなのでゆっくり読むことにします。

旧著作を読んでいなければそちらから読んだ方がいいかも。基本は今も変わっていません。
(これまでの著作は最近まで絶番していた様ですが、この本の出版に合わせて再販されてる様子です。)
光の手―自己変革への旅〈上〉
光の手―自己変革への旅〈下〉
癒しの光―自己ヒーリングへの旅〈上〉
癒しの光―自己ヒーリングへの旅〈下〉

Amazon Kindleストアで50%offセール

787
Kindleはアマゾンで行っている電子書籍サービスです。専用の端末がありますがスマートフォン用のアプリケーションもあります。専用端末の使い心地はなかなかいいので、お勧めです。

そんなキンドルストアで理由は良くわからないのですが、新刊も含めて50%ものポイントによるキャッシュバックセールが行われています。この機会にストアを覗いて見るのも良いのではないでしょうか。しかしあんまりスピ系の本は充実していませんな。ちょっとだけ定番をご紹介。

ニュー・アース


もっと あの世に聞いた、この世の仕組み

6月2日追記
このセールはもう終わってしまったようです。あっという間の出来事でした。なんだったんだろう?

「光圀伝」

「天地明察」を書いた冲方丁(うぶかた とう)さんの作品、「光圀伝」を読みました。私は実は茨城県水戸市の出身なので、郷土の英雄、黄門様の事績には当然のこととして高度に通じ・・・ていた訳では全然なくて、この本に書かれているようなことは全く知りませんでした。本当に申し分けない思いで読み進めていたのですが、物語に取り込まれ、大著ながら一気に読み終えてしまいました。

水戸光圀というと、とにかく諸国漫遊のおじいさんの姿を思い浮かべてしまいますが、実際のところはとても若々しい、才気に溢れた人物だったと描かれていま す。この人物は傑出しており、戦国時代に生まれていたら、きっと名のある武将や名君としてその名を残したことでしょう。しかし光圀が生まれた時代は既に戦乱が収まり、幕藩体制が安定し始めた平和への時代でした。徳川家康の孫として江戸の町人には、それこそ時代の王子様としてとても人気があったそうですが、その才能は主に学問に向かうことになりました。

その後、御三家の一角として江戸の鬼門、水戸藩を守る方となりましたが、我々が今日的に触れることになる水戸から江戸へのエネルギーラインも実際はこの人が整備した(あるいは、近代的にリファインした)のかもしれません。鹿島神宮の要石を掘らせた事もあるそうですし。沢山の文化的なお仕事をなさって世を去りましたが、この方の残した水戸学は、江戸幕府の最後に世 の中を大きく動かすことになりました。

作者の方もとても才能を感じさせる文章で、とても興味深く、そして面白く!読めました。この本をきっかけに水戸光圀のことを(そしてその隠された霊性を)もっと知ろうと思いました。とてもお勧めの一冊です。

「光圀伝」(amazonリンクです)