熊野旅行を振り返らない

さっきの記事を書いた直後にパソコンがほとんど物理的に故障してしまいましたよ。これはメモリか主基板系の故障だな。熱で壊れた様です(この記事はタブレット端末で更新しております)。この暑さの中でぶん回してたからでしょうか。旅行の画像データも何もかも巻き込んで逝ってしまわれました…。熊野の大自然は本当に素晴らしくて是非ご紹介したかったのですが、残念です。

熊野から戻ってずっとミューテーション状態で、やっと終わりかけて記事を書いたらこの有様。遠隔ヒーリングも乱調気味でごめんなさい。落ち着くまでもう少し大人しくしております。しょぼーん。

熊野旅行を振り返る

今度の旅行では東京から名古屋まで新幹線で行って、そこからレンタカーを借りて熊野に向かうことになりました。同行者は学生のころからの友人で、スピリチュアルな立場ではありませんが、今の私を知っているので気心の知れた旅となりました。全行程は二泊三日でした。

レンタカー屋さんではいつものごとく、小回りの効く小さ~いエコカーを予約していたのですが、週末で繁盛していたのか、予約よりグレードがアップして、インプレッサ4WD があてがわれました(お値段そのまま!)。正直、大きい車は・・・と思ったのですが、熊野山地ではこの車のパワーと4輪駆動の出力が最適でしたね。幸先が良かったし、ドライブも楽しくなりました。最後まで天候にも恵まれました。どなたか分りませんが、ご配慮に感謝します。

どの神社もすごく良い場所でしたので、時間をかけて周る事になりました。でもすごく疾走した感もあります。それでもまだまだ回りたい場所は沢山ありました。
熊野はどこも最高でした。なるべく早く記事にしたいと思います。

熊野へ参拝旅行に行ってきました。

24日から26日にかけて、熊野地方を巡る旅をしておりました。
走り続けた3日間でした。参拝した神社につきましては、これからゆっくりと書いていこうと思います。

セッションは28日から再開いたします。

悟りとカウンセリング

悟りから見た、「起こる事はただ起こっている」というのは真実か。それは全くの真実でしょう。ただ、私がこれまで行ったカウンセリングの中で、それを言ったことはおそらく一度もないでしょう。全く正しいのですが、それは器を溶かす酸のようなもので、言うべき時を慎重に見極めねばなりません。

例えば、事故にあって怪我をしたばかりの人にそれを言えるでしょうか。
「あなたの事故はただ起こっているだけなんですよ」いや、言えない。その時にそれをいってしまうのは言葉の暴力でしょう。怪我をした人に必要なのはまず治療と気力を回復させることでしょう。良心に訊いてみて、判断するほかありません。餓えた人に必要なのはまず第一に食料でしょう。いじめられている人に必要なのは、まず、何より先に有形無形の暴力から遠ざけ、尊厳を取り戻す事です。

「私はいない」とか「起こる事はただ起こっている」のは真実であり、おそらく究極の答えなのですが、答えを教えるのがカウンセラーの仕事ではありません。算数ドリルを一生懸命解いている子どもに横から答えを教えるのは、とても破壊的な行為なのです。いずれにせよいつかは教えるまでもなく、改めて言うまでもなく、クライアントは答えにたどり着くからです。そのプロセスを援助するのが、カウンセラーです。本来的にはカウンセラーは全く必要でないのです。

この文章を書いている由宇真一自身は全く悟りの経験はありません。それについて言える事は全くありません。しかし良心に訊いてみて、それを言わねばならない事もあるかもしれない。それを言うことなしにクライアントさまの気づきの瞬間を見せてもらえるかも知れない。それがカウンセラーの役得です。そうしたことはとてもクリエイティブで、予め準備する事はできません。しかし、人知の及ばないところで目覚めの一撃を解き放つこともあるのかも知れません。

7月のセッション・遠隔ヒーリングの予定(17日更新)

富士山には登れませんでしたので、今週末はセッション日とさせて頂きます。
よろしくお願いします。

Loading...
<< Previous | Next >>
  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31  

赤= 通常セッション日
緑= お休みの日
黄= 受付終了

【セッション予定:7月後半】
18日(土)10:00~16:00
19日(日)10:00~16:00
20日(月)10:00~16:00

【7月のベーシック遠隔ヒーリング】
5日
12日
17日 富士山頂セッション

19日
26日

7月16日から17日にかけて富士山に登ることになりました。富士山ワークの集成ということかもしれません。つきましては山頂よりアチューンメントセッションをお届けしたいと思います。もちろん未到達の可能性もありますので、ベストエフォートということでお願いします(^^;)。セッション時刻も未定ですが、正午ごろを目標にしています。お申し込みの方には何らかの手段、ブログやtwitterなどで連絡いたします。

日曜日は23時から30分程度行います。

【料金】
一ヶ月 2000円

お申し込みはこちらからお願いします。

富士登山はできませんでした。

昨日は荒天の為登山はかなわず、富士山の神社などを訪れておりました。一泊し、現在も富士山の近くにおります。こちらは今も雨が強く降っております。中央高速道路も通行止めが続き、不穏な状況ですが様子を見て帰宅しようと思います。

雨は本日も降り続く見込みとなっております。皆様も引き続きお気をつけくださいませ。

新静止気象衛星「ひまわり8号」運用開始

曇りでやや残念な七夕の今日ですが、新しい気象衛星「ひまわり8号」の運用が本日から開始されました。

201507071700-00
(気象庁より画像を引用させて頂きました)

気象庁URL (全球 可視)

こんなに美しい地球が毎日見られるなんて本当に素晴らしいです。
台風もくっきりですね(^^;)

プレスリリース
http://www.jma.go.jp/jma/press/1505/27a/20150527_himawari8_operation_schedule_press.html

名刺を作って頂きました!

874

こちらはある方のご提案と並々ならぬご尽力を頂き、本職のデザイナーの方にデザインをして頂いて、完成したものです。私にはもったいない瀟洒な、惚れ惚れとしてしまう出来映えでございます。

お二方のお名前を出す事はできませんが、この場にて、心より感謝を申し上げます。

ありがとうございます!!

「オルゴナイト」

皆さんはオルゴナイトというものをご存知でしょうか。私もスピリチュアルな記事の片隅でなんとなくその名前を目にしていたのですが、新種の鉱物かな~と思うくらいで、何のことだか全然知りませんでした。あるときその実物を持たせて頂く機会がありまして、その時にようやくものとして理解する事ができました。

オルゴナイトとはウィリアム・ライヒ博士によって発見された「オルゴン・エネルギー」発生する装置のことです。ライヒ博士といえば、近代ヒーリング史に名を残す偉大な先達ですね。オルゴンエネルギーは疑似科学あつかいですが、メスメルの「動物磁気」であるとか、「エーテル体」であるとか、現代で言うところの「ヒューマンエネルギーフィールド」、つまりヒーラーが日常的に働きかけるエネルギー領域のことですね。オルゴナイトは、ネガティブなオルゴン・エネルギーをポジティブなものに変換するものとされています。

仕組みは単純で、水晶を樹脂に閉じ込める事によってかかる圧力で電位を生じさせ(これをピエゾ効果という)、それによってオルゴンエネルギー発生させるとしている。金属片も樹脂に閉じ込めるのは静電気的な電位を適宜開放するためなのでしょう。ピエゾ効果でオルゴンエネルギーが発生する理屈・ネクサスは良くわかりませんが、とにかく、そのようなものだと説明されています。

・・・と言うような知識を一切知らずに手に持ってみたところ、確かになんらかの効果が発生してるようなので、その時は驚きました。手に持っているとどんどんエネルギーが高揚していくのです。特にヒーリングエネルギーには共鳴する感覚があります。

うーむ、これは確かにすごい!ということで、早速作ってみました!
876

作り方はそんなに難しくありませんが、レジン(注形樹脂)を使うのがややハードルが高いです。写真のものはハート型・星型のオルゴナイトです。銅線と水晶を使いました。ごく小さいものですが、これでもしっかり効果はあるようです。

写真のものは試作品と言う事で、ご希望の方に差し上げていますので、セッションのときなどにお申し込みください(郵送でもかまいません)。とても面白いものですよ!ご感想なり頂ければ、今後の研究・開発の参考になりますので(^^;)

youtubeに参考動画があります。これをみればきっとどなたでもつくれるでしょう。
https://www.youtube.com/watch?v=XZorcbU9FVY

このオルゴナイトを製作するのには、クライアント様に多大な情報と資材のご提供を頂きました。
この場をお借りして厚くお礼を申し上げます。

多摩動物公園の動物たち

もちろん多摩動物公園には他にも沢山の動物たちが暮らしてますよ。とても広い動物園でこの日で全体の3分の1くらいしか行けませんでした。動物園に行く理由のひとつはアニマルコミュニケートができるようになりたいという目標があるのですが、あまり上手くいきませんな。しっかりと習う必要があるかもしれません。それはともかく動物たちの一部をご紹介。


もぐもぐ中のキリンさん。


ダチョウさん


オリックスさん。


シマウマさん。まだ子どもだね。


こちらは小象のトムくん。(トム君じゃなくて「チーキ」さんだそうです。訂正します。すみません!)なにやら楽しそう。


遠巻きに見つめるのはライオンさん。


ネコ科の動物サーバルさん。


チーターさん。のんびりしてる。


こちらは室内のチーターさん。宇宙人でも見たのかい。


ショウジョウバッタさん。正直動物の中で一番心が通じ合う気がするんだが・・・。

しかし多摩動物公園は広いです。年間パスポートも無駄にはならないでしょう!お勧めです!