富賀岡八幡宮は東京都江東区南砂町にある八幡神社です。ご祭神は応神天皇様です。駅で三つほど離れた「富岡八幡宮」の元宮という説がある神社ですが、当の富岡八幡宮ではそうした事は言っていない、というちょっと複雑な来歴を持つ神社です。これは富岡八幡宮を開くために横浜の八幡神社から勧請したご神体を、一時こちらの八幡神社で預かったため、「元八幡」と呼ばれるようになった、ということだそうです。

実際に参拝してみると、確かに富岡八幡宮とは違う雰囲気を持っていて、地元の鎮守、と言う性格がつよく感じられます。それでも縁起は700年代ということですから、立派な古社ですね。遷り変わり行く砂町(かつては村)をこの場所でずっと見守ってきたのですから、「元八幡」という呼び名もふさわしいですね。

  
本殿の裏に立派な富士塚があります。こちらは戦後再建されたものだそうですが、きれいな円錐形の富士塚で、神社としてはこちらのエネルギーも強いです。

御鎮座  江東区南砂7-14-18

最寄り駅 東京メトロ東西線「南砂町」より徒歩10分ほど