今年の冬至は12月21日です。これまでのスピリチュアルな活動を振り返ってみると、やはり冬至は重要な日と言わねばなりません。スピリチュアルなんたらーの人にとっては一年で最も忙しい日かもしれません(これに匹敵するのは節分と春分)。この日ばかりは散漫にするのではなく、時間をとって太陽に意識を向けるのが一番いい。それは太陽と拍をとる。リズムを合わせることにつながります。調弦するのと一緒です(このことをアチューンメントといいます)。

自分と太陽が調和的になれば、必然的に豊かさを、ある感情を、ある直接的認識(直観)をもたらします。この日に気分のいい場所に行ったり、夕日を拝むのはグッドムーブ。しかしもし仕事で忙しくても大丈夫。心の中で太陽に意識を向けるだけでもいいのです。私もこの日は遠くへ赴くかヒーリングセッションを予定していますが、今はまだどうなるかわかりません。ともあれ、良い冬至をおむかえください。今から準備する価値は十分ありますですぞ。